島田日記 「クワガタは横にあるく!」

メタボなおっさんの自然博物館。壊れた自然は二度と戻らない。みんな、地元の自然を大切にしよう!

2009-05-05から1日間の記事一覧

セイヨウミツバチ

シロツメ草の群草の周りを飛び回り、何時を集めるセイヨウミツバチ。G.Wも休みは無いようですね。2009.05.02撮影 EOS 5DMk2+EF180mm F3.5L MACRO USM+EF12II

ヒメカメノコテントウ

菊の葉っぱの間から、ヒメカメノコテントウが出てきました。見落としそうでしたが、緑に黄色系の色ではよく目立ちますね。2009.05.02撮影 EOS 5DMk2+EF180mm F3.5L MACRO USM+EF12II

ヒメハナバチ

一見痩せたミツバチ科の仲間かなと思わせる風体ですが、ヒメハナバチのようです。最近、毎日が驚きの初めての種類ばかり。今まで何気なく通り過ぎていたんでしょうね。2009.05.02撮影 EOS 5DMk2+EF180mm F3.5L MACRO USM+EF12II

キバラヘリカメムシ

未だ早い時期なので、思ったほど色は黄色くないですね。夏頃には綺麗な黄色のボディになっていることでしょう。2009.05.02撮影 EOS 5DMk2+EF180mm F3.5L MACRO USM+EF12II

ツチイナゴ

今年初めて見た成虫のバッタ。口の部分が怪我したままのようなので、成虫のまま越冬した物だと思われます。バッタ類の中で唯一成虫のまま越冬するのがこのツチイナゴです。2009.05.02撮影 EOS 5DMk2+EF180mm F3.5L MACRO USM+EF12II

チャバネアオカメムシ

アオカメムシと並ぶ最もポピュラーなチャバネアオカメムシ。触ると臭い、そんなイメージを定着させた代表的なカメムシでしょうか。2009.05.01撮影 EOS 5DMk2+EF180mm F3.5L MACRO USM+EF12II

カタモンコガネ

こちらもハナムグリのように花粉を食べに来たカタモンコガネ。ハナムグリと度々餌場でバッティングしますね。2009.05.01撮影 EOS 5DMk2+EF180mm F3.5L MACRO USM+EF12II

クロマルハナバチ

レンゲやシロツメグサなどからツツジまで、花粉まみれになり飛び回るクロマルハナバチ。ちっちゃくてころころした体型に愛嬌を感じますね。2009.05.01撮影 EOS 5DMk2+EF180mm F3.5L MACRO USM+EF12II

ハラビロトンボ

蜻蛉が飛び回ると、初夏の訪れを感じますね。夏も近づく八十八夜も過ぎましたからね。2009.05.01撮影 EOS 5DMk2+EF180mm F3.5L MACRO USM+EF12II

モンキアゲハ

山里を上っていく道の側溝で、天気が良かったせいもあるのでしょうかモンキアゲハが水を飲んでいました。飛び立つ姿は優雅ですね。2009.05.01撮影 EOS 5DMk2+EF180mm F3.5L MACRO USM+EF12II

ヒラタハナムグリ

キクスイカミキリやカツオブシムシがよく集まる花。今日は新しい友達がやってきていました。天気の良い日には、ここを見るのが楽しみなんです。2009.05.01撮影 EOS 5DMk2+EF180mm F3.5L MACRO USM+EF12II

コアオハナムグリ

そろそろハナムグリのシーズンが当地でもやってきました。華を見かけたら、ちょっと覗いていましょう。多分、ハナムグリがいると思います。2009.05.01撮影 EOS 5DMk2+EF100mm F2.8 MACRO USM+EF12II