島田日記 「クワガタは横にあるく!」

メタボなおっさんの自然博物館。壊れた自然は二度と戻らない。みんな、地元の自然を大切にしよう!

セミ類

トビイロツノゼミ

タンポポの花びらの上、何時もと違う昆虫が・・・ファインダーを当ててみると、これはツノゼミですね。よく見ないと、見落としてしまいそうです。 2014年3月22日撮影 EOS 5D MkII+ EF100mm F2.8L MACRO IS USM

ベッコウハゴロモ

ステルス爆撃機のような形をしていますが、実際は横幅15mm程度のかなり小さな昆虫です。 2013年8月30日撮影 EOS 5D MkII+ EF180mm F3.5L MACRO USM

ニイニイゼミ

林から少し離れた笹薮の中でニイニイゼミを見つけました。 2013年8月14日撮影 EOS 5D MkII+ EF180mm F3.5L MACRO USM

クマゼミ

なんと、草むらの中でクマゼミを見つけました。 2013年8月10日撮影 EOS 5D MkII+ EF180mm F3.5L MACRO USM

アブラゼミ

夏本番を告げるアブラゼミ、クマゼミとは違ったうるささがありますね。 2013年8月10日撮影 EOS 5D MkII+ EF180mm F3.5L MACRO USM

クマゼミ

下から見上げると、目が飛び出ているのがよくわかりますね。 2013年8月10日撮影 EOS 5D MkII+ EF180mm F3.5L MACRO USM

クマゼミ

夏の到来を告げるクマゼミが大きな声で、朝早くから鳴き続けています。 2013年8月03日撮影 EOS 5D MkII+ EF180mm F3.5L MACRO USM

アオバハゴロモ

いろんな木に鈴なりになっているのをよく見かけます。 2013年8月03日撮影 EOS 5D MkII+ EF180mm F3.5L MACRO USM

アブラゼミ

今年はクマゼミに数で負けているような・・・アブラゼミよりクマゼミのほうが鳴き声が多いですね。ガンバレ・アブラゼミ! 2012年8月4日撮影 EOS 5D MkII+ EF100mm F2.8 MACRO USM

シロオビアワフキ

セミの小型のような感じの昆虫です。どうやらシロオビアワフキのようですが、初めて見ました。何時も見るムネアカアワフキとは大きさも全然違いますね。 2012年7月8日撮影 EOS 5D MkII+ EF100mm F2.8 MACRO USM

ツノゼミの仲間だろう

これまた識別不能。情けないですが、今回は非常に識別不能が多いです。まあ、専門家でないでのしょうがないですが。 2012年5月6日撮影 EOS 5D MkII+ EF100mm F2.8 MACRO USM+1.4テレコン

ツノゼミの仲間

こっちの草むらの中ではツノゼミの仲間が風に飛ばされないようにしっかりとしがみついておりました。 2012年5月3日撮影 EOS 5D MkII+ EF100mm F2.8 MACRO USM

トビイロツノゼミ

多分、トビイロツノゼミだと思う。うっかりすると見落としそうな所にくっついていました。 2012年4月30日撮影 EOS 5D MkII+ EF100mm F2.8 MACRO USM

コガシラアワフキ

こちらも泡付記の仲間ですね。ちっちゃなセミのようにも見えますが。 2011年6月25日撮影 EOS 5D Mk2 +EF180mm F3.5L MACRO USM

シダスケバモドキ

ウンカの仲間であるシダスケバモドキじゃないかな。何ともいえない奇妙なバランスです。ヨコバイやウンカならなんとなくわかるんですがね。 2010年9月4日撮影 EOS 5D Mk2+EF180mm F3.5L MACRO USM

ベッコウハゴロモ

風に飛ばされないように、じっと茎にしがみついています。なんかそのまま風に乗って飛んでいきそうな形ですがね。 2010年8月13日撮影 EOS 5D Mk2+EF180mm F3.5L MACRO USM

何ヨコバイ?

これは何ヨコバイの幼生だろうか? 2010年8月13日撮影 EOS 5D Mk2+EF180mm F3.5L MACRO USM

ベッコウハゴロモ

雑木林の草むらでは、ベッコウハゴロモがひっそりと・・・何時もの居る場所と違うな。落ちたのかな? 2010年8月13日撮影 EOS 5D Mk2+EF180mm F3.5L MACRO USM

アブラゼミ

今年はクマゼミが多く、アブラゼミの方が少なかったです。 2010年8月6日撮影 EOS 5D Mk2+EF180mm 3.5L MACRO USM

ツクツクボウシ

ツクツクボ~シ、ツクツクボ~シ 2010年7月31日撮影 EOS 5D Mk2+EF180mm 3.5L MACRO USM

アブラゼミ

シルエットに浮かぶアブラゼミ。こうしてみると涼しそうですが。 2010年7月31日撮影 EOS 5D Mk2+EF180mm 3.5L MACRO USM

アミガサハゴロモ

ベッコウハゴロモの近くにいたもう一つのハゴロモは、アミガサハゴロモでした。見つかる時は沢山見つかりますね。 2010年7月31日撮影 EOS 5D Mk2+EF180mm 3.5L MACRO USM

ベッコウハゴロモ

久々にベッコウハゴロモを見つけました。顔はセミのようで羽は三角形になっていますね。 2010年7月31日撮影 EOS 5D Mk2+EF180mm 3.5L MACRO USM

クマゼミ

元気よくクマゼミが鳴いています。今年はアブラゼミよりクマゼミの方がはるかに多いですね。 2010年7月24日撮影 EOS 5D Mk2+EF180mm 3.5L MACRO USM

ベッコウハゴロモ

凧のように羽を広げ、一休みしているベッコウハゴロモ。こいつも今年は沢山見たような気がしますね。2009.08.23撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

ツマグロスケバ?

道端の草の上、ポツンと見慣れない昆虫が止まっています。何かな?っていろいろ調べましたが、一番近いのはツマグロスケバのようなんですが・・・・どうでしょうかね?2009.08.23撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

ベッコウハゴロモ

ヨコバイの仲間は実に多彩ですね。その中でもハゴロモの仲間が私は好きですね。ステルス爆撃機のような形にも見えるし、マンタのようにも見える。 陸のマンタの方が似合っていますかね。2009.08.14撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

アブラゼミ

最もポピュラーでなんの説明もいらないアブラゼミ。最近、当地ではクマゼミと勢力を2分していますね。昔はニイニイゼミが多かったのですが、最近聞かなくなりました。2009.08.09撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

クマゼミ

知らなかったのですが、蝉の種類により鳴く時間は違うようですね。午前中はクマゼミ、日中からアブラゼミ、夕方はヒグラシ。確かに・・・・そんな時期も終わってしまいましたね。2009.08.09撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

ベッコウハゴロモ

三角翼のハゴロモの仲間であるベッコウハゴロモ。アミガサハゴロモと比べると三角翼の形状が少し丸くなっているかな。でも羽の模様はしっかりしていますね。2009.08.01撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM