島田日記 「クワガタは横にあるく!」

メタボなおっさんの自然博物館。壊れた自然は二度と戻らない。みんな、地元の自然を大切にしよう!

ベニシジミ

こちらの1体は越冬種ではなく、新生種ですね。羽の痛みは殆どありません。 2015年4月18日撮影 EOS 5D MkII+ EF100mm F2.8L MACRO IS USM

ツマキチョウ

この蝶は、表は鮮やかな白とオレンジ、黒ですが、裏は緑色の水垢のような変な模様ですよね。 2015年4月18日撮影 EOS 5D MkII+ EF100mm F2.8L MACRO IS USM

ベニシジミ

一般的にみられるベニシジミ。シジミチョウの中では、ヤマトシジミと双璧ですね。 2014年5月31日撮影 EOS 5D MkII+ EF100mm F2.8L MACRO IS USM

イチモンジセセリ

白い斑が一文字にはっきり見えるイチモンジセセリ。セセリチョウも沢山種類が有りますよね。 2014年5月31日撮影 EOS 5D MkII+ EF100mm F2.8L MACRO IS USM

モンシロチョウ

蝶と言えば、モンシロチョウ。代表的な蝶ですが、近年は少なくなって来ました。 2014年5月31日撮影 EOS 5D MkII+ EF100mm F2.8L MACRO IS USM

ナミアゲハ

ひらひらと舞っているナミアゲハ。中々花へ止まらないので、シャッターチャンスがやって来ません。蝶を撮るのは難しいですね。 2014年5月31日撮影 EOS 5D MkII+ EF100mm F2.8L MACRO IS USM

モンシロチョウ

今年は蝶の発生が少し少ないかな。何時もだと、もっと沢山のモンシロチョウやツマグロヒョウモンに会えるのですが・・・・ 2014年5月1日撮影 EOS 5D MkII+ EF100mm F2.8L MACRO IS USM

モンシロチョウ

フワフワと舞うモンシロチョウ、やっと止まった所でパチリ。 2014年4月27日撮影 EOS 5D MkII+ EF100mm F2.8L MACRO IS USM

ダイミョウセセリ

今年のアザミの咲き始め、ダイミョウセセリがやってきております。 2014年4月26日撮影 EOS 5D MkII+ EF100mm F2.8L MACRO IS USM

ベニシジミ

こちらの倒木の瓦礫の上、新生のベニシジミが日向ぼっこをしています。色が濃いのと、羽に痛みが無いので新生と分かりますね。 2014年3月29日撮影 EOS 5D MkII+ EF100mm F2.8L MACRO IS USM

イチモンジセセリとルリマルノミハムシ

仲良く花の蜜と花粉を食べているイチモンジセセリとルリマルノミハムシ。イチモンジセセリを撮したつもりでしたが、特別参加でルリマルノミハムシも写っていましたね。2009.08.23撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

ツマグロヒョウモン ♂

葉っぱの裏側で寝ているツマグロヒョウモンの♂。羽がだいぶ痛んでいるようですね。2009.08.14撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

ベニシジミ(夏型)

色鮮やかなベニシジミ。夏型になると、模様や色合いがくっきりはっきりと出てきますね。たまに余りに色が濃くて違う種類に見えるときも有ります。2009.08.13撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

ツバメシジミ

夏型のツバメシジミでしょうか。シロツメグサの蜜を一生懸命に吸っています。尾の部分が普通のやつより長いように感じますね。この蝶が好きなんですよね。2009.08.13撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

サトキマダラヒカゲ

クヌギの樹液の近くで飛び回るサトキマダラヒカゲ。結構素早くランダムに飛び回るので、なかなか上手く撮すことが出来ません。(T.T) それでも比較的良く写った物をアップします。今年は浮遊状態の撮影に挑戦しましたが、未だに上手く撮れないです。何時にな…

ルリタテハ

ちょっと見にくいのですが、夏型のルリタテハを見つけることが出来ました。何時も行く雑木林の近くで休んでいるところをキャッチ。久しぶりに見た感じがします。2009.08.09撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

アゲハ

このアゲハは吸蜜しているのではなく、ねぐらでジッとしているところを撮影しました。寝ているのか殆ど動きませんので、科なり近くにより撮影することが出来ます。2009.08.09撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

カラスアゲハ

吸水するカラスアゲハ。もう少し近づけると良いのですがね。こういうときは広角+テレコンが良いですね。マクロでは追い切れません。 2009.08.01撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

サトキマダラヒカゲ

サトキマダラヒカゲが路肩で休んでいました。この角度しか撮す角度が有りません。反対側に回ろうとすると、直ぐに飛んでいきそうです。ガードレールの下側なので回り込みも出来ず・・・2009.08.01撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

ヤマトシジミ

朝露に濡れる時間より、元気に飛び回るヤマトシジミさんには暑さ寒さもあまり関係ないのかな。一般に沢山いるヤマトシジミですが、微妙に色合いが違って楽しませてくれます。でも何故か写真で見るとみんな同じに見えるんですね。再現性の問題だろうけど。200…

モンキアゲハ その2

ギリギリまで近づき、もう一歩の所で逃げられてしまいました。残念。2009.07.26撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

モンキアゲハ

山道を歩いていたら、水分補給をするモンキアゲハを見つけました。結構近くまで寄っても、水分補給に夢中で逃げませんね。2009.07.26撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

ヒカゲチョウ

樹液の出ているクヌギの近く、ヒメキマダラヒカゲチョウ待ちでしょうか、ちょっと離れた所から樹液の場所を見守っています。(人間だけがそう見るのかもしれませんが)2009.07.26撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

ホシミスジ

タテハチョウの仲間のホシミスジ。焦げ茶色の羽の白い紋様が綺麗ですね。でも、羽の先端が少し破れているようで、ちょっと残念だな。2009.07.25撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

ツバメシジミ

当たり前にその辺で直ぐに見つかるもう一つのツバメシジミ。今年はヤマトシジミよりこのツバメシジミの方が春先からも多かったように感じるな。今年はツバメシジミの当たり年なのだろうか。2009.07.20撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

ヤマトシジミ

ここの所ツバメシジミの方が多かったのですが、久々にヤマトシジミを見たような感じがします。どちらもその辺に当たり前のように見つかる蝶ですが、ベニシジミ、ヤマトシジミ、ツバメシジミの3種が見られないと何か変な感じがしますね。2009.07.20撮影 EOS K…

ツマグロヒョウモン 雌

朝日が当たる頃、ゆっくり羽を広げて未だ眠っているのか近づいても動く気配が有りませんね。なんとも不用心な・・・2009.07.20撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

オオチャバネセセリ

未だに斑にさいているアザミ。そのアザミにやってきたのはオオチャバネセセリさんかな。イチモンジセセリより紋の色彩がはっきりしているのと、沢山あるみたいなので。多分、そうだとおもう。2009.07.20撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

ヒカゲチョウ

クヌギの樹液に集まるヒカゲチョウ。今日はスズメバチやカナブン団体がいませんので、ゆっくりと樹液を吸うことが出来ますね。2009.07.20撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

ヒメアカタテハ

うっすらと夜露が残る葉っぱの上、ツマグロヒョウモンヒメアカタテハが朝日で羽を乾かすように大きく羽を広げております。 おやおや、左前足は葉っぱから落ちてしまっていますね。目がキョロってしているように見え、何と言えず可愛らしいですね。2009.07.19…

ヒメウラジャノメ

早朝の草むら、歩いていくとヒメウラジャノメのペアがすっと飛びたち別の場所へ。邪魔しちゃったかな。2009.07.12撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

ツバメシジミ

春先の綺麗な瑠璃色はすっかり落ちてしまいましたね。だいぶ羽も傷ついてきております。季節の移り変わりを感じますね。2009.07.12撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

モンシロチョウ

久々のモンシロチョウです。ひらひらと舞い回る所を追っかけてやっと撮れた1枚です。蝶が飛ぶ姿を撮りたくて一生懸命追っかけてやっと撮れました。ピンぼけでもなんか嬉しいです。2009.07.12撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

ムラサキシジミ

越冬種でしょうか、羽がぼろぼろになり色合いも剝げてしまっていますが、しっかりと強く生きているムラサキシジミさんです。きっと綺麗だったんでしょうね。2009.07.11撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

モンキチョウ

春の頃に比べると黄色の色も少し褪せてきたのかな。黄色から薄いレモン色になってきたようです。朝方なので、未だ少し眠そうで科なり近づいても逃げませんでした。魚眼が有ったら面白いだろうな。2009.07.11撮影 EOS Kiss X3+EF100mm F2.8 MACRO USM

ジャノメチョウ

誠に申し訳ございません。今週は中国に出張に行っておりましたので更新が遅れ気味でした。 朝方、未だそれほど暑くない時間帯。すっかり花は枯れてしまったドクダミの群生の中でジャノメチョウがゆっくりと羽を休めておりました。何時ものヒメウラジャノメ等…

ダイミョウセセリ

どちらかと言えば、三角形にたたんだ印象が強いセセリチョウの仲間ですが、俺は偉いんだと言うように羽を広げて蜜を吸うダイミョウセセリ。大型の蝶は艶やかさが有りますが、小型の蝶の方が可愛くて好きだな。2009.07.04撮影 EOS 5DMk2+EF100mm F2.8 MACRO U…

ツマグロヒョウモンのペア

越冬種でしょうかね、ツマグロヒョウモンのペアです。残念ながら羽がボロボロで少々痛々しいのです。次の世代に夢を託すのでしょうかね。2009.06.19撮影 EOS 5DMk2+EF180mm F3.5L MACRO USM

ツバメシジミ(雄)

この頃旬なのか沢山見かけるツバメシジミ。色だけ見るとヤマトシジミのように見えるのですが、裏のオレンジ色の紋としっぽで見分けがつきますね。シジミチョウは動く宝石のようで好きな蝶の一つですね。2009.05.30撮影 EOS 5DMk2+EF100mm F2.8 MACRO USM

コジャノメ

朝方、葉の上でゆっくりと休んでいるジャノメチョウ。これは紋形からコジャノメでしょうかね。蝶の場合は、羽の紋様の表裏を確認しないと解らない場合が多いですね。2009.05.10撮影 EOS 5DMk2+EF180mm F3.5L MACRO USM

モンシロチョウ

風に吹き飛ばされないようにモンシロチョウが木の葉の上でジッとしております。2009.05.01撮影 EOS 5DMk2+EF100mm F2.8 MACRO USM+EF12II